市川での葬儀のプラン

  • 市川で社葬の葬儀が終わった後にすること

    • 市川で社葬を行ったとき、葬儀が終わったからと言って社葬が終わったわけではありません。

      社葬終了後には、まだしなくてはならないことが残っています。
      その大事なことの一つに、会葬礼状の作成と発送があります。


      会葬礼状は市川で葬儀終了後おそくとも、3日以内に発送しなければなりません。

      市川で葬儀情報サイトを使用する機会が増えています。

      発送するのを忘れていたということがないように、注意してください。



      それと同時に新聞に会葬御礼の広告を掲載します。
      社葬や団体葬の場合、香典は原則的に辞退します。会社が経費を負担する意味合いからも、また香典をいただいた会社に対しお返しの形をとりにくいからです。
      しかし香典をいただいた場合は、香典帳を作成して現金とともに遺族に引き渡します。
      遺族は個人で葬儀を挙げた時と同じように、忌明けに香典のお返しを行ってください。

      社葬の場合会社としての香典返しはしないのが、市川では一般的になっています。社葬終了後はできるだけ早く関係方面へ、返礼を行います。
      お礼のあいさつ回りは本来喪家が行うものですが、取引先や同業者など社葬に何らかの形で世話になった関係先には、会社側も喪家の人と同行してあいさつに回ります。

      また他社の方に葬儀委員長をお願いした場合は、真っ先にあいさつに伺うのが礼儀です。



      社葬以降の法要については普通会社は関与しません。

      基本的には遺族のみで行います。しかし四十九日と一周忌くらいは、会社側からも参列することはあります。また最近では一周忌法要とは別に会社がしのぶ会を主催して、関係者を招くこともよくおこなわれるようになりました。