市川での葬儀のプラン

  • 市原で葬儀の主催者がとるマナー

    • 通夜から葬儀、火葬へと儀式は決まりごとに沿って進んでいきます。ある時は遺族の深い嘆き悲しみを無視するかのように、型どおりに儀式が市原で繰り広げられます。
      喪主はこの数日間は気をしっかりと持って、取り乱すことがないようにできるだけ感情を抑えて、儀式の主役を務めなくてはなりません。
      そのための健康維持にも、注意を払わなくてはなりません。
      葬儀の進め方に喪主や遺族が余計な口出しをしたり、市原で行われる葬儀を仕切ろうとしないで世話役や業者の指示に素直に従って、儀式の流れに身を預けてください。

      人気の市原で葬儀の情報が沢山詰まったサイトです。

      遺族、中でも喪主は市原で行われる葬儀の主催者として故人に代わって弔問、会葬を受けるのが主な勤めになります。


      ただし相手がだれであっても弔問、会葬者を出迎えに立ったり、見送ったりはしないでください。


      次々に訪れる人に簡潔に挨拶をすることだけが役割になります。基本的には通夜の席でも葬儀でも祭壇の前を動かず弔問、会葬の一人一人にありがとうございましたの一言くらいを、丁寧に述べていきます。
      細かなことは無視して、この役に徹することです。



      通夜、葬式というしめやかな場にふさわしい装いをするのが弔問、会葬を受ける主催者としての身だしなみです。



      男女ともにアクセサリー類や、光るものを身に着けないのもマナーです。

      女性の化粧、ヘアースタイルは控えめにしてください。

      香りの強い香水も遠慮すべきです。


      子供は学校の制服か白のシャツ、ブラウスに黒、紺などの地味な色のズボン、スカートをはかせてください。