市川での葬儀のプラン

市川での葬儀のプラン

千葉県市川市は、東京都にも近いところに位置しているため、新興住宅地も多く、常にさまざまな人々の流動があります。このため、市川市内で亡くなった人の葬儀の機会も多いものですが、そのあり方にもいくつか特徴的な部分がみられます。


一般的な葬儀の場合であれば、菩提寺から僧侶を派遣してもらい、仏教式で、通夜と告別式それぞれを執り行うプランになります。
当日はできるだけ多くの人々、たとえば親類、地域、会社の人々に参列してもらい、盛大にお見送りをします。

市川で葬儀について気になる方はこちらです。

費用的には祭壇のグレードや生花の本数、式場の床面積などによって大きな違いはあるものの、平均的には200万円台が相場といえます。



一方、市川市では伝統的な葬儀のあり方とは別に、家族葬と呼ばれる、小規模に行うプランが採用されることが多いのも特徴です。

家族葬の場合には、実際の当日の内容そのものは、やはり通夜と告別式にわかれ、焼香や読経があるので、それほど伝統的なものとも違いはありませんが、参列する人数は大幅に少なくなっています。



基本は家族と親類で、そのほかにも亡くなった人と親密に交流していた友人程度が含まれることがあります。これは、もともと少ない人しか参列が予定されないのではなく、意図的に呼びかけをする対象を絞り込んでいることに理由があります。
参列者を厳選することで、亡くなった人と特に親しい関係の人たちだけが集まる儀式となり、追悼の気持ちが伝わりやすくなる効果があります。

  • いまどきの葬儀

    • 市川市は、市域の西側が江戸川を境に東京都と接しているだけあって、首都圏のベッドタウンの中でも都市部全体で進むさまざまな傾向が、いち早く、顕著にあらわれやすい地域となっています。葬儀においても、首都圏で加速している家族葬をはじめとする式典のコンパクト化傾向や、リーズナブルで時短の葬送として注目されている火葬のみの直葬が選ばれやすくなるなど、ブームというよりは、新しい形式での葬儀スタイルが早くも定番化している感があります。...

      detail
  • 葬儀のコツ

    • 市川で社葬を行ったとき、葬儀が終わったからと言って社葬が終わったわけではありません。社葬終了後には、まだしなくてはならないことが残っています。...

      detail
  • 葬儀の特徴

    • 通夜から葬儀、火葬へと儀式は決まりごとに沿って進んでいきます。ある時は遺族の深い嘆き悲しみを無視するかのように、型どおりに儀式が市原で繰り広げられます。...

      detail
  • 葬儀の基本知識

    • 神道では死んだ人の霊魂は肉体を離れて、自然に帰り守護神としていつも子孫を見守ってくれると、考えられています。したがって神式の葬儀は、神葬祭といい故人の霊魂を一家の守護神、氏神として祀る儀式のことを言います。...

      detail