市川での葬儀のプラン

  • 市原の葬儀 神式の場合

    • 神道では死んだ人の霊魂は肉体を離れて、自然に帰り守護神としていつも子孫を見守ってくれると、考えられています。

      したがって神式の葬儀は、神葬祭といい故人の霊魂を一家の守護神、氏神として祀る儀式のことを言います。

      仏式と神式では葬儀の進め方から儀式の呼び方まで、多くの違いがあります。

      市原で葬儀の情報が欲しい方必見です。

      主だったことを挙げてみると、遺体の死装束は仏教の経かたびらではなく、白い小そで、白足袋を身に着けます。

      遺体の枕元には案とよぶ白木の八足台を置き水、塩、洗米、お神酒を供え榊、ろうそくを飾ります。

      守り刀を枕元あるいは胸元に、守り鏡も枕元に置き逆さ屏風を立てます。



      納棺をはじめ儀式にはすべて神職を呼ぶのが、従来の市原でのしきたりでしたが最近は簡略化され納棺は、遺族と業者で行うことも多くなっています。

      納棺から出棺までの間朝と夕方の2回故人が好きだったものを供えて、喪主や家族が拝礼を行います。



      神式の葬儀では口と手を水で清める儀式の手水の儀から始まっていき、斎主によりいろいろな儀式が行われています。

      玉串奉奠は神式の大きな特徴の一つで、作法に従って霊前に玉串を捧げます。
      この時の拝礼は二礼した後、しのび手で二拍手してもう一度一礼します。


      神式の場合は死を汚れとみるため、市原の神社での葬儀は行われません。

      斎場が自宅もしくは寺院斎場を使用することになります。神式では火葬が終わったその日に、埋葬する習わしがあります。
      お墓が市原以外の遠方にあったりまだお墓がない特殊な場合を除いて、火葬後すぐ埋葬してこそ故人は自然に帰り安らかな眠りにつけるという理想からです。